読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たこまるのスロ&ゲームぶろぐ

パチスロとゲームの考察中心です。妄想解析大好き!

やじきた道中記乙 設定判別その1(弱チェリー編)

稼働日記だけってのもどうかと思うので、まずは私の最近のお気に入り台『やじきた道中記乙』についてまとめていきます。

しばらくは公開されている解析データを利用して、やじきたの「設定判別」について語っていきます。

 弱チェリー確率から設定を推測する

まずは判別がし易い「弱チェリー」から記事にします。弱チェリー確率は公表されているデータによると下記の表の通りのようです。

設定1 1/91.0
設定2 1/87.4
設定3 1/84.0
設定4 1/80.9
設定5 1/78.0
設定6

1/75.3

単純に「総回転数÷弱チェリー成立回数」を行えば分母が出ます。分母が小さい程、高設定の期待が高まります。設定1と6では1000ゲームで成立回数2回以上差が出る計算となります。

「総回転数」はありとあらゆる全ての遊技中が対象です。通常時(道中歩いてる時)、レース中、あっぱれチャンス、ボーナス確定画面、やじきたボーナス中、やじきた祭、わっしょいチャンス中、天照降臨中。全て数えましょう。やじきた祭やボーナス中を総回転数に入れないデータ表示機が多いので気を付けて。ダイコク電機のBiGMOなんかはボーナス中も総回転数をカウントしてくれるのでちょっと楽です。

ちなみにユニメモの「総プレイ数」はボーナス中をカウントしていないらしいので、こちらも気を付けてください(やじきた祭中はカウントしています)。それ以前にユニメモは弱チェリー成立回数カウントしてくれないんですよね。まどマギはちゃんとカウントしてくれたのに。。。

 

次回の記事は「ショートカット」の予定です。